キャリアコンサルタントにとっての学び
GCDF-Japan資格の継続学習

GCDF-Japan資格の継続学習

GCDF-Japanキャリアカウンセラー資格は、3年ごとの更新制です。面接技術の維持・向上のために継続学習を行うことが資格更新の条件とされ、継続学習ガイドラインに沿った講習等を3年間で45時間以上受講することが必要です。

継続学習ガイドライン

時期 GCDF-Japan正規資格認定日 以降

・正規資格認定日については、資格申請された方へメールでお知らせしています。
内容 GCDF-Japanの12のコンピテンシー及びストレスマネジメントとメンタルヘルス、ファイナンシャルプランニングの分野 いずれかに該当するもの
形式 学習や指導を自分自身が「受ける」、input形式のもの

・通信教育、ビデオ学習、WEB(オンライン)学習、GCDF-Japan資格者同士の自主勉強会もカウントされます。
・「受ける」の中でも自分自身がカウンセリングを「受ける」はカウントできません。
・自ら発表を「する」・講師・ファシリテータ・スーパーバイザーとして自分が指導を「する」、といったoutput形式のものはカウントできません
継続学習の主な例
  • 専門家講師による研修への参加
  • 専門家の指導やスーパーバイズを受ける活動
  • 勉強会、講演会、講義、カンファレンス等への参加
  • 通信教育
  • GCDF-Japan資格者同士の自主勉強会
  • WEB(オンライン)学習、ビデオ学習
具体例
  • 「大学生のキャリアを考える」
  • 「職場のメンタルヘルス問題に対処するには」
  • 「現代の労働基準法について」  など

継続学習に関してよくあるご質問

Q.この学習は、どのコンピテンシーに該当しますか?

A.「どのコンピテンシーに該当するのか」よりも「そもそも継続学習にカウントされるかどうか」の方が重要です。複数のコンピテンシーを含むと思われる学習の場合は、ご自身で主となるコンピテンシーを1つお選び下さい。多くの学習が複数のコンピテンシーを含んでいます。資格更新手続きの際に提出いただく書類の中に、学習ごとにコンピテンシーを選ぶ項目があります。

Q.キャリアカウンセリング協会以外の団体が主催するものでも継続学習に該当しますか?

A.主催団体ごとで制限を設けてはいません。継続学習ガイドラインに沿っているものであれば、当協会以外の団体が主催するセミナーや勉強会であっても、継続学習にカウントすることが可能です。積極的にご参加下さい。

Q.この学習が、継続学習にカウントされるのか確認してもいいですか?

A.(1)ある学習を受ける度に「継続学習にカウントされるかどうか」の確認を当協会にしていただく必要はありません。「カウントされるかどうか分からない」場合のみinfo@career-npo.orgへお問合せ下さい。その際、どんな点でカウントされるかどうか迷われているのかをあわせてお知らせ下さい。

(2)CCAのホームページ等にあるコンピテンシーに関する説明は、あくまでそのコンピテンシー(能力)に関する記述であり、これら能力を高める為の学習(input形式)が継続学習カウントになります。
例えば、No.10「キャリア・ディベロプメント・プログラム(CDP)のマネジメント」に関しては、プログラムの開発・運営そのものはカウントされません。プログラムの開発・運営を行う為に必要な能力(コンピテンシー)を高める為の学習(input形式)が、継続学習としてカウントされます。

(3)コミュニケーション、自己啓発、IT関連(テクノロジー)、リーダーシップなどがテーマの場合、継続学習としてカウントされないケースが多くあります。ご不安な方はinfo@career-npo.orgへお問合せ下さい。