講座ラインナップ

  • ホーム
  • 講座ラインナップ
  • 技能講習 キャリアカウンセラー アドバンス・トレーニング
技能講習 キャリアカウンセラー アドバンス・トレーニング

【CCA】キャリアカウンセラー アドバンス・トレーニング

学習時間
35時間

資格を取得したばかりの方からベテランまで、すべてのキャリアコンサルタントにおすすめしたい講習です。
10ケース程に及ぶ多くのロールプレイング実習と振り返り検討を通して、「コンサルタント視点での問題把握力」の飛躍的向上と、キャリアコンサルティングの終結までをやり切る力の獲得を目指す4日間です。徹底した実習訓練によって、クライアントに本当に役に立つ実践力を磨きます。

キャリアコンサルタント養成講習を修了し、国家資格試験で合格したキャリアコンサルタントが習得しているのは、クライアントとの関係構築と問題把握までの最低限の基礎が中心です。資格を習得したのち、キャリア支援の実践者にすぐさま求められることは、
① 問題を多面的かつ本質的にとらえ、クライアントの現実に即して解決すべき問題を合意し、方策から実行に至る支援をやり切る力
② 様々な現実におかれ、様々な特性を持つ、多様なクライアントに対応できる力 です。
本講習では、4日間を費やして、数多くのケースに取り組み、ロールプレイングを通して、講師から実践的な指導を受けることができます。

プログラム内容

学べること

様々なケースに取り組み、キャリアコンサルティングの最初から終結までをやり切る力を体験的に学習します。とりわけ「キャリアコンサルタント視点での問題把握力」(クライアントの問題を多面的かつ本質的にとらえ、クライアントの特性や状況に照らして解決すべき問題を絞り込んでいく力)の飛躍的向上を目指します。 そして、様々なケースに登場する様々な問題状況や様々なクライアント特性にも対応できるだけの「キャリアコンサルタントとしての実践力」を磨きます。 国家資格を取得して「キャリアコンサルタントとしての基礎力」を身に着けた方が、現実のクライアントの支援に取り組む際に必須となる「実践力」(まさに「アドバンスの力」)を、4日間の演習を通して徹底的に学びます。

講習での学び方

ケースによる演習

講師の特長

CCAの指導トレーナークラスの講師が担当します。

受講者の声
  • カウンセリングプロセス等の基本枠によって不自由になることなく、カウンセリングの定義にならった実践をすることを学びました。受講者の質と姿勢でものすごい学習効果が実現できる講習でした。
  • 受講し終えて、一定程度のレベル維持には、このような講習を受講しなければならないと感じました
  • 資格更新のために受講しました。クライアントの心情をわかろうとすること、それを言葉にして伝えることを学べ、とても価値のある時間でした
  • 橋本先生が話された「人の気持の深堀り」はすばらしく、この講習に参加できて本当によかったです。
  • クライアントの言った言葉ではなく、その言葉を言ったクライアントの気持ちを考える。「関係構築の胆」だと思った。「知りたい」ではなく「わかりたい」という気持ちが大切なことを学んだ。
  • 3年前にも受講してとてもよかったので、2度目の受講をしました。恥をしのんでロールプレイの録音を出し、自分の課題がわかりました。
  • 更新講習のプログラム選びに悩んだら、ぜひ受けたほうがいいという知人のすすめで受講しました。非常に充実し、有意義で実りある時間でした。また受講します。

こんな方におすすめ

  • キャリアコンサルタント資格取得後、実践力を高めたい全ての方
  • もう一度自分のキャリアコンサルティングを基本からブラッシュアップしたいと考える全ての方
  • 講義ではなく、演習を通して実践的学習をしたい方

開催概要

学習時間 35時間(内訳:集合研修 4日×8h・ホームワーク3h)
対象 ・キャリアコンサルタント国家資格者
・GCDF-Japanキャリアカウンセラー資格者 または同等以上の資格をお持ちの方
受講料(非課税) ・定価 130,000円
・CCA会員* 117,000円
・GCDF-Japan資格者 104,000円

 *CCA会員価格での受講を希望される方は、事前にCCA会員にお申込ください。
  くわしくはこちら
定員 18名(各日程、先着順)
申込締切 お申込者数が定員に達し次第、締め切らせていただきます。
また、「CCA学習マイページ」での申込受付は開催4日前23:59までとなります。
事前準備持参物
  • 筆記用具
  • 録音機器(ICレコーダー・スマートフォンなど、ロールプレイ30分を録音できるもの)<*1>
  • 録音機器につなげられるイヤホンまたはマイク(お持ちの場合)
    ⇒貸出用のイヤホン・マイク<*2>をご用意しています。
<*1> 受講前に、ご自身の録音機器の録音・再生テストをお願いします
 当日、録音機器のテストを行う時間はございません。 また、録音機器の操作に時間を要すると、講習の進行に遅れが出る可能性がございます。お手数をおかけしますが、録音ができること、および、音質、録音したデータの保存方法・場所、再生方法の確認を行った上でご受講ください。

<*2> 貸出用イヤホン・マイクはiPhone等イヤホンジャックのない機器にはつなげられません。また、スマートフォンでマイクをつなげずに録音すると広範囲の音を拾ってしまうため、再生時にご自身のロープレが聴き取りにくくなる可能性があります。その点、ご注意ください。

開催日程

2022年度下期(10-3月)開催に向けて調整中