キャリアカウンセリング協会(CCA)主催、国家資格キャリアコンサルタント向け更新講習・キャリアカウンセラー向け継続学習講座を実施しています。

講座ラインナップ

【CCA】キャリアカウンセラーエキスパート・トレーニング

【CCA】キャリアカウンセラー
 エキスパート・トレーニング

学習時間
課題認識
17時間
個別課題克服
18時間

旧講座名:CCAキャリアカウンセラー エキスパート・トレーニング 4日間コース/フレーム学習 コース/個別課題特訓コース

■課題認識コース■
実践経験とロールプレイングから、問題把握の技能を磨くと同時に、キャリアカウンセラーとしての自分の課題を明確にします。

■個別課題克服コース■
ケース記録を題材にした個別指導を通して、キャリアカウンセラーとしての自分の課題を克服する道筋をつけます。

キャリアカウンセリング協会(以下、CCA)は、 “プロ(専門家)としてのキャリアカウンセラー” を養成・評価できる一連の体系化を目指しています。そのなかのエキスパートレベル(熟練レベル)として、

  • 自分の課題がはっきりしない 自分のカウンセリングがまどろっこしいと思う
        イマイチなカウンセリングだったのに、何が悪かったのか分からない
        普段、カウンセリングが上手く進められなくて、どうしたらいいのか分からない
  • クライアントの抱えている問題が解決できずに悩んでいる
       クライアントの反応が良くないまま終ってしまった 面談中、クライアントに首を傾げられた
  • キャリアカウンセラーとして自分の課題は把握しているが、改善方法が分からない
  • キャリアカウンセリングの経験はあるけれど、振返ったことがない
  • ケースコンサルテーション(面接ケースを元に個別に指導を受ける)を受けてみたい

に向けて実践場面での面接の質の向上の為、様々な課題に合わせて
1:ご自身の課題を発見する「課題認識コース」
2:認識した課題の克服を目指す「個別課題克服コース」 の2コースをご用意いたしました。

なお、「課題認識コース」と「個別課題克服コース」を4日間、2コースセットでのお申込みも可能です。
ご自身の課題を発見し、クライアントへ安定的に価値を提供できるようになる手掛かりを掴むまでを
効率よく学んでいただけます。

熟練レベルのキャリアカウンセラーとして、個人の相談に対して相談者の問題・課題などを見立てることができ、1対1の相談支援が的確にできるようになることを目指します。

このトレーニングがCCAの養成体系でどのレベルにあたるのか、
 ご確認はこちらから ⇒ 「エキスパート」レベル(熟練レベル)

受講した方の声

みなさまが講座やセミナー等を選択する手助けとして、実施したプログラムの参加者の声を掲示しております。是非ご参考になさってください!

【4日間を受講した方からの受講感想】
  • 自分のカウンセリングを客観的に見直すことができ、課題も明確になった。
  • カウンセリングの全体の流れがステップだけでなく、「視点」で把握することができた。
    その為、自分の課題やできていないことに気付くことができた。
  • 最初から終わりまで1つの面接を構造的に捉え、自分の課題を明確にする手がかりになる講座だと思った。
  • 費用や日時など、参加をためらう点も少なくありませんでしたが、4日間の内容は12日間のGCDF養成講座を大きく上回る手応えでした。非常に満足しています。
  • 普段の面談スキルを上げる為に受講したが、技能検定試験の受検にも役だった。
    対策講座としての収穫もあった。
  • 戦略を立てるにはCL視点・CC視点をはっきりさせることが必要。
    ケース記録の書き方や理論の重要性を勉強した。ケースコンサルテーションでは先生だけではなく、グループメンバーの方々と自分のケースについて振返り、チェックを行えた。
  • カウンセリングプロセスシートRに基づく各ステップの考え方、特にCL視点、Cor視点については、頭を整理する意味と現実の場において役立つと思いました。
  • 関係構築以降の面談の進め方についてロジカルに学ぶことが出来ました。
    (「カウンセリングの6ステッププロセス」「CL視点とG視点を分離する力」etc.)
    特にケースコンサルテーション!ケースコンサルテーションによるテープを改めて逐語に起こし、指摘された点を繰り返し復習しています。
  • 問題の把握についての学びが大変大きかったです。
    CL視点の主訴対応はこれまで通りですが、CC視点の見立てをしっかり分離する力、それに対処することが大きなポイントでした。また、問題把握の為の関係構築についての再認識を致しました。

【ケースコンサルテーション(個別課題克服コース)を受けて】
  • 1件1件丁寧に検証され、やりとりにしっかり時間を取っていただいた事で、どこに問題があり、どう捉えていくかの理解が進んだ。
  • 自分の課題が明確になり、その解決方法のヒントもつかめたので、後はスムーズに出来るように実践で頑張ります。
  • グループでのケースコンサルテーションは、視野の拡がり、指摘の的確さを感じ取れた。
  • 停滞ムードが続いてしまう自分のカウンセリングが動く可能性が見えました。
  • カウンセリングにおける課題が山ほど見つかって、その膨大さに圧倒されますが、この体験はとても貴重なものでした。
  • 他の方のロープレを見ていて気付くことがこんなに多いとは思っていませんでした。
    特にケースコンサルテーションで自分自身の課題がはっきりしたので、他の方のロープレを見ていても気がつく点が多くありました。
  • 一番苦手だった、感情反映を逐語をもとにケースコンサルテーションを受けたことと、問題解決のためにどの方法を用いると効果的かを整理して教えていただいた点。

開催概要

「課題認識コース」

弊社で開発いたしました“カウンセリングプロセスシート”を使用しキャリアカウンセリングのプロセスにそって複数回ロールプレイングを行うことで、キャリアカウンセラー視点の問題把握の技能を磨くと同時に、ご自身の課題が何かを認識します。

【2日間の流れ】
4回のロールプレイをテーマを持って実施
 ・自分の課題を意識する
 ・クライアントの問題を見出す為に必要な視点
 ・クライアントと目標を合意する
 ・課題を意識しながら、1回の面接を最後まで終らせる
※ロールプレイの後、ケース記録とカウンセリング・プロセスシートを記入し、面接で何をしたのかを明確にします。

「個別課題克服コース」

※「課題認識コース」で認識できた課題を克服するためにぜひご活用ください。
ご自身のカウンセリングケースを題材に、ケースコンサルテーション(個別指導)を受け、課題を克服する道筋をつけます。

【2日間の流れ】
●ケースコンサルテーション(グループ)を受け、自己理解を促進させる
ケースコンサルテーションについてのガイド

少人数のグループに分かれて、各個人のケースに基づいてキャリアカウンセリングの課題の
確認と改善のための手がかりを掴む
●キャリアカウンセラー自身の課題を面接で活かせる為の力をつける
ケースコンサルテーションで分かったキャリアカウンセラー自身の課題を実際にできるようになる
にはどうすればいいのか、具体的にどう面接を進めたらいいのかを体得する

ロールプレイと口頭での振返り

日程

【課題認識コース】 東京:6/30(土)・7/1(日)  

【個別課題克服コース】 東京:7/28(土)・7/29(日) 

 各日9:30-18:30

※各コース2日間 すべてに出席頂く事を受講要件とさせて頂きます。
※プログラムの構成上、原則として欠席の場合の補講・振替は致しかねますのでご了承下さい。

開催地 東京
会場 新橋駅周辺  ※詳細は、お申込み頂いた方にお知らせ致します。
講師

キャリアカウンセリング協会特別講師 田中 春秋

対象

・GCDF-Japanキャリアカウンセラー資格者又は・キャリアコンサルタント資格者
又は 同等以上の資格をお持ちの方、且つ実践経験が概ね1年以上ある方

・個別課題克服コースは、「課題認識コース」ご受講済み(受講予定)
又は 2013年3月開講コース以降の 4日間コース・前半2日間(フレーム学習コース)をご受講済みの方

受講料(非課税) 【課題認識コース】
 ・GCDF-Japan資格者 53,000円
 ・GCDFプロビジョナル資格者/CCA会員* 59,500円
 ・上記以外のキャリアコンサルタント資格
  または同等以上の資格保持者 66,250円

【個別課題克服コース】
 ・GCDF-Japan資格者 85,000円
 ・GCDFプロビジョナル資格者/CCA会員* 95,500円
 ・上記以外のキャリアコンサルタント資格
  または同等以上の資格保持者 106,250円

【2コースセット割引】
・GCDF-Japan資格者(138,000円のところ) 125,000円
・GCDFプロビジョナル資格者/CCA会員*(155,000円のところ) 140,500円
・上記以外のキャリアコンサルタント資格
  または同等以上の資格保持者(172,500円のところ) 156,250円

*CCA会員(3,240円/年 税込)に入会されると、今回のお申し込み分からCCA会員受講料が適用されます。
 また、今回のお申し込みデータをもってCCA会員への登録も同時に行われます。
 CCA会員についてはこちらをご覧ください。
定員 18名程度
申込締切 受付終了
国家資格更新講習(技能)
学習時間
・課題認識コース:17時間(8時間×2日+ホームワーク1時間)
・個別課題克服コース:18時間(8時間×2日+ホームワーク2時間)
・2コースセット:35時間(8時間×4日+ホームワーク3時間)

※原則欠席・遅刻・早退があった場合、修了証は発行できません。
今後の開催予定 東京 課題認識コース:11月、個別課題克服コース:12月
大阪 課題認識コース:1月
準備が整い次第ご案内いたします。