講座ラインナップ

  • ホーム
  • 講座ラインナップ
  • 「シニアの幸福な働き方を考える~定年前と定年後のサードエイジを支援するヒント~」(2024年1月)
「シニアの幸福な働き方を考える~定年前と定年後のサードエイジを支援するヒント~」(2024年1月)

「シニアの幸福な働き方を考える~定年前と定年後のサードエイジを支援するヒント~」(2024年1月)

学習時間
1.5時間

現在、労働力人口の3割以上が55歳以上の労働者で占められています(労働力調査2021年 総務省)。一方で定年前後のシニアについては「成長意欲が低い」「マネジメントが難しい」と何かとネガティブに捉えられがちです。
本セミナーでは「むしろ定年前後の働き方にこそ人生で最も幸福な時期を実現する」との前提に立ち、その可能性について考えました。
2024年1月16日収録。

  • 石山恒貴先生法政大学大学院
    政策創造研究科 教授
    石山恒貴先生
  • 市川慶輔氏合同会社アットキャリア 代表
    市川慶輔氏
  • img_furuno_square2.JPG株式会社リクルートマネジメントソリューションズ 組織行動研究所 所長
    古野庸一氏

「シニアは新しいことを学ぶ気が無い」
「上から目線で過去の経験を語り続ける」
「役職定年や定年再雇用等をきっかけにモチベーションが低下する」

定年前後のシニアの働き方についてはこのような悲観的な捉え方が基調になっています。
しかし、シニアを一括りの集団とみなすのではなく、個人の違いを尊重した働き方の思考法こそが、シニアの幸福な働き方の実現には欠かせません。

本セミナーでは、歴史人口学者ピーター・ラスレットが唱えた『サードエイジ』(人の一生の中で、働き盛りを過ぎて現役を退いた段階)を幸福に生きるための支援のヒントを、3名のゲストとともに考えました。

法政大学の石山恒貴先生には『シニアの幸福感の実態やサードエイジを幸福に生きるポイント』について解説いただき、合同会社アットキャリア代表の市川慶輔氏にはご自身の定年前の越境学習とキャリア開発ストーリーをご紹介いただきました。株式会社リクルートマネジメントソリューションズ組織行動研究所長の古野庸一氏にはモデレーターとして、職業人生が長期化する中でのウェルビーイングの在り方やキャリア支援のヒントについて解説いただきました。

事前に規約をご確認ください
視聴を申し込む

ウェビナー受講者の声

  • 今回のシニアの幸福な働き方セミナーは、非常に有意義なセミナーでした。自身もまさにサードエイジであり、この先の仕事に対する向き合い方等日々考える毎日ではありますが、とても前向きに今後を考えられる内容であったと感じます。まだできると思いながらも、年齢で自身の限界を決めてしまうようなところがありましたが、今からは、セカンドエイジに成し遂げれられなかったことを達成する「人生の充実期」という言葉が印象的でした。自身も自分らしくのめりこめることを探していきたいと思います。

  • シニアの幸福論、大変面白かったです。総論的なことだけでなく、3人の先生方が多様な視点からアプローチしていて、具体的体験、本音が聞けた気がします。今まさに発展している領域で、まさにサードエイジにある私自身も、事例になっていく実感がありました。ありがとうございました。

  • シニアがテーマではあったが、組織とそこで働く人にとって幸福な働き方というのはどの年代でも重要な内容だと感じた。年齢に対するとらえ方はステレオタイプで考える人が多いと感じるが、考え方一つでも自分をどう活かせるかが変わってくるところは納得ができた。

概要

申込受付開始日 2024年2月6日(火)
タイトル シニアの幸福な働き方を考える
~定年前と定年後のサードエイジを支援するヒント~
講演(敬称略)

石山 恒貴(いしやま・のぶたか)
法政大学大学院政策創造研究科 教授
一橋大学社会学部卒業、産業能率大学大学院経営情報学研究科修士課程修了、 法政大学大学院政策創造研究科博士後期課程修了、博士(政策学)。 一橋大学卒業後、日本電気(NEC)、GE(ゼネラルエレクトリック)、 バイオ・ラッド ラボラトリーズ株式会社執行役員人事総務部長を経て、現職。
<主な著書> 「越境学習入門 組織を強くする「冒険人材」の育て方」(日本能率協会マネジメントセンター) 「時間と場所を選ばないパラレルキャリアを始めよう!」(ダイヤモンド社) 「越境的学習のメカニズム」(福村出版)

市川 慶輔(いちかわ・けいすけ)
合同会社アットキャリア 代表
慶應義塾大学工学部機械工学科卒業後、1982年に東陶機器株式会社(現 TOTO株式会社)入社。技術員として商品開発部門、品質保証部門や販売部門の営業支援などの業務に従事。その後、お客様対応部門で全社のコールセンター改革や様々なプロジェクトマネジメントを経験後、人財開発本部に異動。人事部門のマネージャーとして活動する中でキャリアカウンセリングの大切さに気づき資格を取得、社内でのキャリアカウンセリングの普及活動を推進。2019年9月末に定年退職。現在は、主に中小企業を対象にセルフキャリアドック制度導入、人事制度等の構築支援を始め、コミュニケーション研修やチームビルディング研修など多岐に亘る活動を行っている。また、工業系大学の学生に向けたキャリア開発支援や就職支援も行っている。

古野 庸一(ふるの・よういち)
株式会社リクルートマネジメントソリューションズ 組織行動研究所 所長
1987年株式会社リクルートに入社。南カリフォルニア大学でMBA取得。キャリア開発に関する事業開発、米国GCDFトレーニングプログラム(現GCDFーJapanキャリアカウンセラートレーニングプログラム)の導入やNPOキャリアカウンセリング協会設立に参画する一方で、ワークス研究所にてリーダーシップ開発、キャリア開発研究に従事。 2009年より組織行動研究所所長。著書『「働く」ということについての本当に大切なこと』 『「いい会社」とは何か』

対象 CCA学習マイページに会員登録されている方
※過去、同一のセミナーを受講されたことのある方も、ご受講いただけます。

当講座のエントリー前に、CCA会員のお申込みをいただき会員番号が発番された方は、CCA会員価格が適用されます。
CCA会員についてはこちらをご覧ください。
受講料(税込) GCDF-Japan資格者 1,650円
CCA会員      2,200円
登録ユーザー    3,300円
受講期間 30日間
受講の流れ

★エントリーの前にご確認ください
ページ下部の「動作環境」を確認し、受講端末で動作確認をしてからエントリーしてください。

1.「CCA学習マイページ」にログイン
「WEB学習に申し込む」ボタンをクリックし、「CCA学習マイページ」にログインしてください。
※「CCA学習マイページ」は、「GCDF資格者専用ページ」と異なります。

2.講座購入手続き
「CCA学習マイページ」にログイン後、当学習講座の申込みに進んでください。
クレジットカード決済を選択し、決済完了するとすぐ受講を開始できます。
銀行振込を選択の場合は、入金確認にお時間を要します。

3.ご受講~受講時間証明書発行
受講開始となりましたら、メールでお知らせいたします。CCA学習マイページにログインし、受講を進めてください。
 (1) 申し込み講座の受講
 (2) アンケートの提出
 (3) 受講時間証明書の発行(ダウンロード)

学習時間 1.5時間
※当セミナーは、キャリアコンサルタント国家資格の更新講習ではありませんが、GCDF-Japan資格の継続学習対象講座です。
※受講期間中は何度も視聴できますが、学習カウントは1回分のみとなります。

事前に規約をご確認ください
視聴を申し込む

パソコン等の動作環境確認について

当プログラムは、インターネットに接続されたPCまたはモバイル(スマートフォン、タブレット)でのみ受講可能です。

お申込み前に必ずご確認ください
・受講端末(PC・モバイル等)の動作環境をご確認ください。
・推奨環境の動作サンプル(動画・テキスト)をお試しください。
 推奨環境
 ・海外での視聴は、ダウンロードに時間がかかる恐れがあり、視聴が難しい場合もございます。

PC Windows8.1以降(IE11以降 各最新版、GoogleChrome最新版を推奨)
MacOS 10.10以降(Safari最新版を推奨)
モバイル iOS9以降(Safari最新版を推奨)
Android6.0以上(GoogleChrome最新版を推奨)
※Wi-fiや4G LTEなどの高速回線のご利用をお勧めいたします。
※ターミナル駅やビルの屋内、高速移動の車内など、通信環境が不安定な場所では、受講がうまくいかない場合がございます。
※Android、iOSについては、一部機種でのOS・ブラウザの動作確認を行っておりますが、ご利用の環境によっては、正しくご覧いただけない場合がございます。
必要なソフトウェア テキスト(pdf形式)の閲覧:Adobe Readerが必要です。最新のヴァージョンを推奨します。