厚生労働大臣認定キャリアコンサルタント養成講習。国家資格キャリアコンサルタント試験受験可能。専門実践教育訓練給付対象。

GCDF資格のメリット

GCDF-Japan資格者へのインタビュー 立石 祐子 様

働き方改革も、GCDFで学んだことを活かしていきたいと考えています。

立石 祐子 様 職業:NTTレゾナント株式会社 企画部 総務部門 総務部門長 保有資格:GCDF-Japanキャリアカウンセラー

―キャリアカウンセリングを、GCDFを勉強しようと思った動機をお聞かせいただけますでしょうか?

まずきっかけになったのは、私が異動で人事担当になったことです。当時の人事担当の重要な仕事の1つとして、社員のキャリアの相談に乗るということと、当社はインターネット業界なんですけれども、変化が激しい業界ですので社員が一人ひとり自律的に動ける社員の仕組みづくり、サポートというのを人事担当としても作っていなかければいけないということがありましたので、そちらに対してキャリアの理論を学んで活かしたいというふうに思ったのがきっかけになります。

―受講する前にGCDFのトレーニングプログラムに期待していたことはどのようなことだったでしょうか?

キャリアに関する体系的な知識の習得と、それを実際にどういうふうにキャリアの支援に活かせるかというスキル、実技の部分を期待していました。

―GCDFで学んで気づいたことや、自分自身の変化などありましたらお聞かせ頂けますでしょうか?

立石 祐子様

やはり受講してみて思ったのが、クライアントに寄り添うことの難しさで、非常に感じました。頭でわかっていても、やはり寄り添うことをきちんとキャリアの理論をもって、スキルをもって寄り添うということの難しさを今でも日々感じております。当日、何回も練習もさせていただいたんですけれども、実際現場でやってみて、これでできたなということは思ってはいないので、今でも、よりクライアントに寄り添えるようなスキルアップ、習得は重要かなと思っています。

-今後、どのような方向をめざしていきたいですか?

まず自分自身のキャリアを充実させていきたいと思っています。GCDFを受講する中で自分自身のキャリアを振返ることがあり、今後自分のキャリアに前向きになれるような体験をすることができました。それはすごくすばらしい体験でしたので、それを自分自身、今後も充実させていきたいというふうに考えているということと、マネージャーとして部下のキャリア支援を行っていきたいとも思っています。現在、人事担当をしているんですけれども、当社も働き方改革を行っておりまして、単なる生産性向上だったりとか、時間外削減だったりではなく、私達らしい働き方ってなんだろうというところからやっております。当社は制度とか環境というのは整っているとは思うんですけれども、今一度自分たちらしい働き方ってなんだろうとか、私達の会社らしい働き方ってなんだろうということを振り返って、その軸をもとに今ある制度や環境を使って、より生産性が上げられるんじゃないかというふうに思っておりますので、そういった働き方改革もGCDFで学んだことを活かしていきたいなというふうに考えております。

―これからキャリアカウンセリングを勉強される方へのメッセージをお願いします。

立石 祐子様

現在私40代になりますが、人事担当としても会社の女性の先輩としても、若い女性社員の相談に乗ることが非常に多いです。「男性」「女性」っていうのは今後なくなってくるとは思うんですが、これまでも女性はライフステージが変わるたびに選択肢は増え、仕事を続けていく上で悩み事も非常に多かったりしたんじゃないかなと思うので、そこに対して自分自身の経験も活かせますし、専門的な知識をもってきっちりアドバイスができることに関して非常に喜びを感じておりますので、ぜひ同世代の方にもGCDFを取得して頂いて、若い女性の支援に携わって頂きたければなと思っております。

2018年1月吉日

GCDF-Japanに関するお問い合わせ

GCDF-Japanキャリアカウンセラートレーニングプログラムに関するご質問・ご要望等はお問い合わせフォームをご利用ください。お電話でも受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ 資料請求・無料体験会申し込み

お電話によるお問い合わせ

受付時間:平日10:00~17:00

特定非営利活動法人キャリアカウンセリング協会
GCDF-Japan事務局
0120-048-840