厚生労働大臣認定キャリアコンサルタント養成講習。国家資格キャリアコンサルタント試験受験可能。専門実践教育訓練給付対象。

資格試験と対策

GCDF-Japanキャリアカウンセラートレーニングプログラムを修了された方
・キャリアカウンセリング協会実力判定試験(CCA実力判定試験)
・国家資格キャリアコンサルタント試験
の受験が可能となります。
※当プログラムを受講されていない方も、2018年10月度よりCCA実力判定試験を受験頂けるようになりました。詳細は下記表の受験資格をご覧下さい。

またキャリアカウンセリング協会(以下、CCA)では、「GCDF-Japanキャリアカウンセラー」「国家資格キャリアコンサルタント」の資格取得に向けて、各種対策講座を実施しております。
以下、内容等ご案内しておりますので、トレーニングプログラム受講とあわせてご受講後のスケジュールを立てる際の参考として是非ご覧ください。

資格試験について

キャリアカウンセリング協会実力判定試験について

CCAは、キャリアカウンセラー(キャリアコンサルタント)の基礎的能力の測定として、キャリアカウンセラー評価試験の実施を行っております。
2003年9月まで株式会社リクルートが実施していたGCDF-Japan試験は2003年10月にCCAへ移管され、それ以降2016年3月までCCAが実施しておりました。また、このGCDF-Japan試験は、2016年3月末まで厚生労働省キャリア形成促進助成金対象指定キャリアコンサルタント能力評価試験の指定を受けておりました。
2016年4月以降は、キャリアカウンセリング協会実力判定試験へ名称・位置づけを変え、存続いたします。尚、国家資格キャリアコンサルタント試験の実施タイミングにあわせ、原則年4回の実施となっております。
キャリアカウンセリング協会実力判定試験で「GCDF資格申請の為の合格基準」に達し資格申請手続きを取られますと、GCDF-Japanキャリアカウンセラー資格の取得が可能になります。

国家資格キャリアコンサルタント試験について

キャリアコンサルティングを行う専門人材はこれまで民間資格として運用されていましたが、質の担保・向上、労働者等が安心して職業に関する相談を行うことの出来る環境の整備のため、2016年4月1日より「キャリアコンサルタント」は国家資格となりました。
国家資格「キャリアコンサルタント」取得のためには国家資格キャリアコンサルタント試験の受験が必要であり、この試験は職業能力開発促進法に基づき厚生労働大臣の登録を受けた登録試験機関によって実施されています。
尚、国家資格キャリアコンサルタント試験に合格された場合もGCDF-Japanキャリアカウンセラー資格が取得できます(資格申請手続きが必要です)。

 キャリアカウンセリング協会
実力判定試験
キャリアコンサルタント
国家試験
受験資格(いずれかの番号に該当する方)

1.GCDF-Japanキャリアカウンセラートレーニングプログラム修了者
※修了者とは・・・12回の授業のうち10回以上出席し「修了証」(第12回目授業の終了時にお渡し)をお持ちの方


2. 1.以外の厚生労働大臣が認定するキャリアコンサルタント養成講習の課程を修了した方


3.社会人で、キャリアカウンセリング又はこれに類する相談実務経験者(年数不問)


4.4年制大学または大学院に在籍中または在籍経験があり、カウンセリング実習の単位を履修した方(社会人経験不問)


5. 技能検定キャリアコンサルティング職種の学科試験又は実技試験に合格した方


6.平成28年3月までに、厚生労働大臣が認定する講習と同等以上のものであって厚生労働大臣が指定する講習(キャリア・コンサルタント能力評価試験の受験資格として認められてきた養成講座)を修了された方 

1.厚生労働大臣が認定する講習の課程を修了した方


2.労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力開発及び向上の

いずれかに関する相談に関し3年以上の経験を有する方


3.技能検定キャリアコンサルティング職種の学科試験又は実技試験に合格した方


4.平成28年3月までに、厚生労働大臣が認定する講習と同等以上のものであって厚生労働大臣が指定する講習(現行のキャリア・コンサルタント能力評価試験の受験資格として認められてきた養成講座)を修了された方 

学科受験料
(税込)

受験資格1:4,320円   
受験資格2~6:5,940円

8,900円
実技受験料
(税込)

<論述>
受験資格1:5,400円  
受験資格2~6:5,940円

<面接>
受験資格1:21,600円  
受験資格2~6:22,680円


※CCA実力判定試験の場合、論述のみ・面接のみ の受験も可能です。

<論述・面接>:29,900円
出題形式・
試験時間

●学科[100分] (四肢択一50問)

●実技(論述)[50分]
●実技(面接)[20分](15分間のロールプレイ、口頭試問)

詳細情報 ・出願手続きはこちら
・試験スケジュールはこちら
・出題形式、合格基準についてはこちら
実施団体のホームページをご覧下さい。

※2018年7月末改定

試験受験後の資格取得について

トレーニングプログラム(GCDF研修)全12日間出席し必要なキャリア実務経験年数に到達している場合、試験合格を持ってGCDF-Japan資格申請が可能となります。
また、試験合格のパターンは幾つか考えられます。
・GCDF-Japan資格取得を目指すなら:パターンA・B・C・D・E
・国家資格取得を目指すなら:パターンD・E
*キャリアカウンセリング協会実力判定試験、国家資格キャリアコンサルタント試験の合格科目を組み合わせることによっても、GCDF-Japan資格申請の3つの条件の1つ[2.「試験合格」]を満たすことが可能です。GCDF-Japan資格申請の3つの条件についてはこちらをご覧下さい。

受験後のパターン
(※)CCA実力判定試験の出題区分等に一部変更があります。
 ・2018年7月度まで:筆記(四肢択一・論述) 実技(面接)
 ・2018年10月度以降:学科(四肢択一) 実技(面接・論述)

2016年3月度までのGCDF-Japan試験で、
筆記実技どちらか片方合格されている方へ

・2016年4月から5年間の間にキャリアコンサルタント国家試験にてもう片方の科目を合格されると、GCDF-Japan資格・国家資格いずれも申請が可能です。
・2016年4月から5年間の間にCCA実力判定試験にてもう片方の科目を合格されると、GCDF-Japan資格の申請が可能です。

GCDF-Japanに関するお問い合わせ

GCDF-Japanキャリアカウンセラートレーニングプログラムに関するご質問・ご要望等はお問い合わせフォームをご利用ください。お電話でも受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ 資料請求・無料体験会申し込み

お電話によるお問い合わせ

受付時間:平日10:00~17:00

特定非営利活動法人キャリアカウンセリング協会
GCDF-Japan事務局
0120-048-840