キャリアカウンセリング協会は、キャリアコンサルタント/キャリアカウンセラーの資格・研修・教育・試験・更新講習・継続学習・相談・支援・指導者養成などの運営団体です。

資格・会員制度

GCDF-Japan資格申請について

キャリアカウンセラーが専門的職業として成立する為には、職業倫理の確立と、専門職としての十分な技量の習得が重要です。キャリアカウンセリングの資格は、これらをクライアントに対し保証する為に、非常に重要な意味を持っています。

キャリアカウンセリング協会(以下、CCA)は、NCDA[アメリカのキャリア開発に関する学会]、NBCC[世界最大の民間のカウンセラー資格発行団体]等と情報交換を行いました。その結果、米国CCE,Inc.(Center for Credentialing and Education,Inc.)が発行しているGCDFという資格がクオリティに安心ができると判断し、日本国内でのGCDF-Japanの資格窓口として、CCEと協力関係を結ぶことにいたしました。

GCDF-Japan資格の取得のためには、米国CCE, Inc.による審査を受ける必要があり、この審査に通過されますと、GCDF-Japanキャリアカウンセラーとしての認定を受けることができます。

※CCAは、GCDF以外の資格について評価は行っておりません。GCDF以外の資格については、各主催団体に内容等のご確認をお願いします。

資格認定審査 申請のための3つの条件

  1. GCDF-Japanキャリアカウンセラートレーニング プログラムを全12日間すべて出席
    GCDF-Japanキャリアカウンセラートレーニングプログラム
  2. 試験合格(学科・実技ともに)
    →GCDF-Japan試験、CCA実力判定試験、CCA実力診断プログラム(ベーシック)、キャリアコンサルタント試験(国家資格)のいずれか。合格科目を組み合わせての申請も可能です。
    詳細はこちら
  3. キャリア実務における必要経験年数の到達
    キャリア実務とは

が必要となります。

申請方法の詳細・申請後の流れについて

資格認定審査の申請には、WEBエントリーや書類提出などの手続きが必要です。
事前に会員規約をお読みになり、詳しくは申請方法の詳細ページでご確認ください。