キャリアカウンセリング協会は、キャリアコンサルタント/キャリアカウンセラーの資格・研修・教育・試験・更新講習・継続学習・相談・支援・指導者養成などの運営団体です。

資格・会員制度

GCDF-Japan資格申請について

キャリアカウンセラーが専門的職業として成立する為には、職業倫理の確立と、専門職としての十分な技量の習得が重要です。キャリアカウンセリングの資格は、これらをクライアントに対し保証する為に、非常に重要な意味を持っています。

キャリアカウンセリング協会(以下、CCA)は、IAEVG[進路・職業指導の国際的協会]やNCDA[アメリカのキャリア開発に関する学会]、NBCC[世界最大の民間のカウンセラー資格発行団体]等と情報交換を行いました。その結果、米国CCE,Inc.(Center for Credentialing and Education,Inc.)が発行しているGCDFという資格がクオリティに安心ができると判断し、日本国内でのGCDF-Japanの資格窓口として、CCEと協力関係を結ぶことにいたしました。

GCDF-Japan資格の取得のためには、米国CCE, Inc.による審査を受ける必要があり、この審査に通過されますと、GCDF-Japanキャリアカウンセラーとしての認定を受けることができます。

※CCAは、GCDF以外の資格について評価は行っておりません。GCDF以外の資格については、各主催団体に内容等のご確認をお願いします。

資格認定審査 申請のための3つの条件

  1. GCDF-Japanキャリアカウンセラートレーニング プログラムを12日間すべて出席
    GCDF-Japanキャリアカウンセラートレーニングプログラム
  2. 試験(筆記・実技ともに)合格修了者
    →GCDF-Japan試験、キャリアカウンセリング協会(CCA)実力判定テスト、キャリアコンサルタント試験(国家資格)のいずれか
    詳細はこちら
  3. キャリア実務における必要経験年数をクリア
    キャリア実務とは

が必要となります。

尚、上記3つのうち、キャリア実務の必要年数が満たない方であっても、それ以外の2つがクリアされていれば「GCDF-Japanプロビジョナル資格」の申請が可能です。該当する方はこのページ下記をご覧下さい。

申請方法の詳細・申請後の流れについて

資格認定審査の申請には、WEBエントリーや書類提出などの手続きが必要です。
詳しくは、申請方法の詳細ページでご確認ください。


プロビジョナル資格の申請について

プロビジョナル(Provisional)とは、英語で「仮の」「条件つきの」という言葉を指します。

キャリア実務を満たしていなくても、GCDF-Japanキャリアカウンセラートレーニングプログラムに12日間すべて出席し、且つ、試験(GCDF-Japan試験、CCA実力判定試験、キャリアコンサルタント試験(国家資格))に合格された方であれば、プロビジョナル資格の申請を行うことが可能です。

この場合、キャリア実務の必要年数が不足している場合、必要年数がクリアした段階でGCDF-Japan正規資格の申請を行う選択があります。一方、「できるだけ早く資格を取得したい、資格者として活動したい」等の方は一旦プロビジョナル資格の申請・取得を行い、キャリア実務の必要年数がクリアされた段階で正規資格へ移行する方法がございます。

プロビジョナル資格とは
  • 2年間の限定資格ですが、1回に限り更新が可能です(2016年9月制度変更、更新料:9,770円(税込))。最大4年間(2年プラス2年)の資格有効期限となりますので、キャリア実務経験のご状況を見ながらプロビジョナル資格の申請・更新についてご検討下さい。また、2回目の更新はできませんので期限内にキャリア実務の不足時間分を達成し、正規資格への移行手続きを行って頂きますようお願いします。
  • GCDF-Japan正規資格の申請と同様、米国CCE,Inc.による審査を受ける必要があり、この審査に通過されますとGCDF-Japanプロビジョナル資格者としての認定を受けることができます。
  • GCDF-Japan正規資格者の監督下、または正規資格者と協働できる環境下でのみ、GCDF-JapanキャリアカウンセラーとしてGCDF-Japan倫理基準に従い、活動することが可能です。